どうしてなるの?子宮内膜症
ホーム    リンク    サイトマップ

子宮の構造

人間の体は不思議な物で、大きさの違いはあっても、内臓の造りは皆同じになっています。男性には男性にしかない臓器、女性には女性にしかない臓器もあります。それぞれに特有の病気が起こる可能性があります。ここではまず、女性にしかない臓器についての説明をしていきましょう。このサイトで取り上げている、子宮内膜についても詳しく説明していきます。

子宮

子宮の構造


子宮は赤ちゃんを宿す場所です。女として生まれたときからしっかりと形は出来上がっていますが、生理を迎える頃から少し大きくなります。

形は洋ナシのような形をしています。大きさは鶏の卵くらいになります。ここに、このサイトで取り上げる子宮内膜があります。


子宮内膜

子宮内膜は、子宮の内側にある粘膜層です。厚さが1mm〜1cmあります。子宮腔と呼ばれる逆三角形の空間が中央にあります。左右にそれぞれ3本ずつの靭帯があり、骨盤に支えられています。下の部分も膣に出た形でしっかりと固定されています。

子宮内膜は、基底層と機能層の2層になっていて、基底層は1mmくらいの厚さで、子宮筋層に続いており、厚さは変りません。その上にある機能層は、生理と大きな関わりがあります。女性ホルモンの影響により、増殖します。様々な変化を経て、剥がれ落ちて出血し、生理となって体外に排泄されます。

妊娠が成立するのも子宮内膜です。受精卵が子宮までたどり着くと、軟らかくなり、厚さも増した機能層にもぐりこみます。こうして着床ができると妊娠が成立します。子宮内膜症は、この機能層の細胞に似た細胞が、違う場所で発生したものをいうのです。

▲ Page top

卵巣

女性ホルモンのエストロゲンや黄体ホルモンを分泌したり、排卵をする場所です。大きさは3cmほどで、左右一対になっていて、親指の頭くらいの平たい楕円形をしています。

子宮は筋肉で覆われていますが、卵巣は柔らかい塊で、白くて丸い形をしています。卵胞という細胞が詰まっていて、その中には卵子が入っています。卵子と卵胞が一緒に成熟し、月に1度の排卵を起こします。

左右の卵巣の中で、毎月20個ほどの卵子が成熟します。2cmほどに成熟した卵子が腹腔内に放出されて、それを卵管がキャッチし、子宮に運ばれるメカニズムになっています。卵巣はとても腫れやすい臓器になります。

排卵の仕組み

卵胞の中には卵胞液で満たされています。その中に0.1mm前後の卵子が浮かんでいます。排卵は小さな卵子が2cmもの大きさに成熟し、同時にそれを包んでいる卵胞も大きくなります。

排卵時には、卵巣と卵胞の表面が破れ、5ccほどの卵胞液とともに成熟した卵子が腹腔内に飛び出すことで、少量の出血があるときもあります。この飛び出した卵子を卵管がキャッチできなければ、卵子は腹膜に吸収されて消滅します。

▲ Page top

卵管・卵管采

子宮の上の部分から卵巣に向って左右に伸びている筋肉でできた管です。長さは8〜10cmあり、排卵が起きると卵子を取り込み、この中で精子と受精します。

卵管采はイソギンチャクのような形をしていて、卵管の先にあります。ここで卵子をキャッチし、卵管へと送り込みます。

卵管内は線毛という細胞に覆われていて、卵管采から子宮に向ってなびくように動いています。この動きに乗って卵子が子宮へと運ばれるのです。この動きに反して精子が進むわけですから、受精するということはとでもドラマチックなことなのです。

▲ Page top

膣は膣口から子宮までの管のことを言います。内部は常に酸性に保たれていて、雑菌の進入を防いでいます。

管の長さは8cm前後で、横じわがある筋肉でできています。膣内を洗いすぎると、必要な菌まで洗い流してしまいますので、念入りに洗わないようにしましょう。

子宮の病気は妊娠・出産への影響も

▲ Page top



このページをブックマークする
Yahoo!ブックマーク  Google Bookmarks  はてなブックマーク  niftyクリップ  livedoorクリップ  del.icio.us