どうしてなるの?子宮内膜症
ホーム    リンク    サイトマップ

子宮内膜症の症状

子宮内膜症にはどんな症状が現れるのでしょうか。代表的な症状を紹介していきます。あなたのひどい生理痛はもしかしたら子宮内膜症ではありませんか?自分にあてはまらないかどうか、チェックしてみましょう。あまり症状が出ていないからと放っておくと、癒着を起こしかねませんので注意が必要です。また、これから赤ちゃんを産もうとしている女性にとっても、子宮内膜症は決していいものではありません。対処療法になる可能性がありますが、医師と相談しながら症状を改善していきましょう。

腹痛

腹痛腹痛といっても、生理痛と考えてください。かなり強い痛みのため、生理のたびに鎮痛剤が必要になるでしょう。市販の鎮痛剤では痛みが充分とれないかもしれません。

痛みも生理の回数を重ねるたびに強くなり、腹痛だけではなく、肛門や膣の奥も痛むようになってきます。時には嘔吐や悪心が伴う場合もあります。排卵痛や生理前にも腹痛を覚えることがあります。

これは、女性ホルモンの変化によるもので、子宮内膜症も女性ホルモンの変化によって増殖するためです。

子宮内膜症がダグラス窩にできていると、性交痛も伴い、膣の奥が痛いことがあります。生理になると、便が緩くなるものですが、子宮内膜症だと更に下痢をしやすくなります。また、子宮内膜症になると、こうした生理時の生理痛が重くなるばかりではなく、生理以外でも下腹部痛を起こすようになります。


痛み

子宮内膜症の3大症状として、生理痛、下腹部痛、不妊が挙げられます。特に痛みは様々な方向から起きてきます。病変ができると、その周辺の組織を引きつれるような痛みも発生しますし、神経が破損されて起こる痛みもあります。

癒着を起こしていると、神経が破損されている可能性もあり、また、癒着によって生じる緊張や圧迫による痛みも生まれます。また、病変から出血した血液がお腹の中にたまり、腹膜を刺激して強い痛みを起こします。

卵巣チョコレート嚢胞では卵巣が破裂することがあり、中にたまっていた血液がお腹の中にばらまかれ、腹膜が刺激されることによってかなり強い痛みを起こします。

▲ Page top

生理の出血異常

子宮内膜症になると、生理時の出血が異常に多くなります。レバーのような塊も出てきます。特に、子宮腺筋症の場合、生理の出血量が異常に多くなることで知られています。

日中でも、夜用ナプキンとタンポンの組み合わせでも不安なほど出血量がある、ナプキンが取り替えてから30分ともたない、500円玉大よりも大きいレバー状のものが出るようであれば要注意です。

腸に子宮内膜症ができている場合、生理時に下血をしたり、癒着を起こしていると腸閉塞の危険も伴います。生理のあとも少量の出血が続いたり、生理でもないのに不正出血する場合、早めに診察を受けるようにしましょう。

▲ Page top

子宮内膜症と不妊の関係

子宮内膜症になると不妊になりやすいと言われています。骨盤内に起こる子宮内膜症は癒着を起こしやすく、卵管や卵巣の周辺に内膜症が起こると癒着のせいで卵管が狭くなったりふさがれてしまいます。卵管が本来の働きができなくなるため、排卵が起こって成熟した卵子が放出されても、卵管がキャッチできないために妊娠が成立しないのです。このため、不妊症になることがしばしばあります。卵巣チョコレート嚢胞の場合、ひどいときには卵巣が破裂してしまいますので、もう一方の卵巣にも何かしらの疾患があった場合、不妊になってしまいます。若い結婚前の女性は、少しでも症状を軽くするために、子宮内膜症に気づいたら早めに治療に取り掛からなければいけません。ただし、子宮内膜症があると必ずしも不妊になるわけではありません。不妊検査により、女性に内膜症以外に問題がない場合、男性にも問題がないとなると、子宮内膜症が原因で不妊になっている可能性があります。

▲ Page top



このページをブックマークする
Yahoo!ブックマーク  Google Bookmarks  はてなブックマーク  niftyクリップ  livedoorクリップ  del.icio.us