どうしてなるの?子宮内膜症
ホーム    リンク    サイトマップ

子宮内膜症の検査

子宮内膜症の症状に苦しみながらも、いよいよ検査となるわけですが、どんな検査が行われるのでしょうか。はじめての場合はちょっと怖いですよね。病院に行く前にどんな検査が行われるのか分かっていると、少しは気持ちも楽になるのではないでしょうか。まず先のページで紹介した問診が行われ、生理の様子や自覚症状から医師がおおよその判断をし、必要な検査を行ないます。

内診・直腸診

子宮の構造
問診が終わると内診が行なわれます。はじめての人は診察台に抵抗があるかもしれませんが、必要不可欠な検査ですので体の力を抜いて受けましょう。深呼吸することも大事です。体に力が入っていると正確な診察ができませんし、自分も痛みを感じてしまうかもしれません。診察の方法は、膣から指を入れ、反対の手でお腹の上を押さえます。この診察で子宮や卵巣の大きさ、癒着の有無が分かります。


直腸診

これは必ずしも行なわれる検査ではありませんが、肛門から指を入れて子宮と直腸の間にあるくぼみ、ダグラス窩に病変がないか、痛みはどれくらいか、等を調べます。これにより、排便痛や性交痛の原因が分かります。

▲ Page top

超音波検査

超音波検査
超音波検査には2種類あり、お腹の上から診る方法と、膣の中から診る方法があります。卵巣の状態を診るには、膣の中から診る方法が有効になります。この検査では、子宮や卵巣の状態をモニターに映し出して診るもので、医療機関によっては医師だけではなく、患者も一緒にモニターを見て説明を受けることができます。卵巣が腫れている場合も、それくらいの大きさに腫れているかが分かります。

▲ Page top

MRI・CT

CT検査はX線を用いた検査で体の断面をみるものです。子宮や卵巣の状態が分かります。MRIも体の断面をみるものですが、磁気を使って行なわれます。そのため、体に診につけている貴金属類を全てはずさなければ危険です。

子宮内膜症の検査としては、CTよりもMRIの方がいいとされています。体の断面を様々な角度からみることができ、病変の位置、癒着の状況などが詳しく分かります。

大きなドーム状の装置の中に寝かされた状態で入ります。狭い空間で大きな機械音がするために恐怖感を覚えるかもしれませんが、痛みなどは全くありませんので安心してください。鮮明な画像を撮影するために、体に造影剤を入れて検査をすることがあります。

▲ Page top

血液検査

子宮内膜症があると、血液中の腫瘍マーカー(CA125)の値が高くなります。これは卵巣がんの腫瘍マーカーとして一般的に使われているものですが、子宮内膜症の診断にも補助的に使われています。

CA125の正常値は35u/ml以下ですが、生理時は高めになります。CA125はホルモン治療の効果が出ているかどうか確認する際にも使われる場合があります。

▲ Page top

腹腔鏡内検査

腹腔鏡内検査
腹腔鏡内検査は、検査のみの目的で行われることはありません。子宮内膜症の確定診断に行なわれるにですが、多くは治療も同時に行なわれます。

全身麻酔のあと、お腹に小さな穴を3箇所あけ、そこから器具を入れてお腹の中をモニターに映し出します。肉眼では確認できない小さな病変も見つけることができます。

このとき、癒着をはがしたり、卵巣チョコレート嚢胞の場合、たまった血液を吸い出すこともできます。傷も小さなものが3箇所だけなので快復も早いのですが、腹腔鏡内検査によって癒着がひどかった場合などは、この方法での手術は無理で、開腹手術になります。その可能性がある場合、腹腔鏡内検査の前にカンファレンスがありますので、その時に開腹の可能性の有無を言われるでしょう。

▲ Page top



このページをブックマークする
Yahoo!ブックマーク  Google Bookmarks  はてなブックマーク  niftyクリップ  livedoorクリップ  del.icio.us