どうしてなるの?子宮内膜症
ホーム    リンク    サイトマップ

子宮内膜症の治療

子宮内膜症と診断されたら、すぐに治療に取り掛からなければいけません。子宮内膜症は生理がある以上症状が進みます。閉経するまで改善せず、子宮を摘出しなければ治らないと言われています。けれど、これから結婚をし、赤ちゃんを産む予定のある女性にとってはできれば避けたい治療ですね。その場合は薬物療法により、少しでも子宮内膜症の症状を軽くするように対処療法と内分泌療法を行ないます。

薬物療法

薬物療法は、対処療法と内分泌療法があります。対処療法は、子宮内膜症によって出た痛みを鎮痛剤で逃すというものです。

鎮痛剤は、痛みが激しくなってから飲んでも効きが悪いため、痛くなりそうだというときに、前もって飲むのがコツです。分かりやすくいうと、鎮痛剤は痛みがでようとするものをブロックするので、出てしまった痛みには効きにくいということです。次に内分泌療法を紹介します。


GnRHアナログ療法

これはホルモン療法になり、脳の中の排卵の指示を出すホルモン中枢に働きかけ、一時的にその働きにストップをかけます。こうすることで卵巣からの女性ホルモンの分泌が少なくなり、子宮内膜症を一時的ですが萎縮されることができます。一般的に半年間投与することで内膜症が小さくなることが期待できます。この治療を行なっている間、生理はありません。生理を止めるために、生理痛に対しては効果があります。ただし、多少副作用があり、更年期に似た症上が出る場合があります。のぼせや発汗を訴える人もいるでしょう。基本的に長期には使用できず、目安として半年を最長とします。

ダナゾール療法

作用はGnRHアナログ療法と変りませんが、これは男性ホルモン系のものになります。副作用として、体重の増加や多毛、吐き気や頭痛などがありますが、治療を終えると元に戻ります。肝機能障害を起こしたり、血液がかたまりやすくなることもありますので、毎月血液検査が必要になります。

偽妊娠療法

子宮内膜症は、以前から妊娠すると症状が楽になると言われています。ピルなどを用いて、体を偽妊娠状態にして治療する方法です。

▲ Page top

子宮内膜症と漢方

子宮内膜症は、静脈がうっ血している状態で、漢方の観点から見ると、お血(オケツ)と言われています。

このお血を改善することで子宮内膜症も快方へと向かいます。よく使われる漢方薬として、桂枝ぶく苓丸、温経湯、桃核承気湯、折衛飲、通導散などがあり、2ヶ月前後で変化が現れるでしょう。一度漢方専門店で相談してみてはいかがでしょうか。

▲ Page top

子宮内膜症を手術で治す

子宮内膜症の手術は、病巣を取り除くことと癒着を剥がすことが目的として行なわれます。手術の方法は3通りあります。

保存手術

全身麻酔をかけて腹腔鏡で行なう手術です。卵巣や子宮を残し、病巣のみを取り出すことになります。お腹の中をモニターに映し出して行なう方法ですので、見えない部分にも病巣がある場合、全て取りきることができずに、再発する場合もあります。開腹する方法ではありませんので、体にかかる負担も最小限で済みますし、入院日数も少なくなります。

 

卵巣機能温存手術

これは病巣が広がっていない卵巣のみを残し、子宮を全部摘出する手術です。卵巣を取ってしまうと更年期障害の症状も出てくるため、閉経までまだ間がある女性に対して行なわれる方法です。保存手術ほどではありませんが、この方法も再発の可能性があります。

 

根治手術

これは子宮と卵巣、どちらも全て摘出する手術になります。子宮内膜症が重症の場合や、子供もいて、これ以上妊娠を望んでいない女性に対して行なわれる方法です。どの方法にあうるのかは、副作用なども確認をし、医師としっかりとした話し合いが必要です。

▲ Page top



このページをブックマークする
Yahoo!ブックマーク  Google Bookmarks  はてなブックマーク  niftyクリップ  livedoorクリップ  del.icio.us